たるみ治療の方法を伝授|スッキリ小顔に変身

先生

年齢とともに目立つたるみ

鏡を見る女性

治療法もあります

年齢とともに色々なお肌の悩みが出てきますよね。シミやシワ、深くなるほうれい線など、さまざまな目に見える悩みがありますが、中でも肌のたるみはより老けて見えてしまう大きな悩みの種ではないでしょうか。たるみは、年齢とともに肌にハリがなくなり、自然に起きる現象なのですが、たるみが目立つのと目立たないのとでは見た目年齢に大きな差が出てきます。たるみの防止には、日々のスキンケアやマッサージが効果的ですが、すでにたるみが目立ってきてしまっている場合は、美容整形クリニックなどでたるみ治療を行うという解決方法もあります。たるみ治療と呼ばれる治療には、いくつか種類があります。まずは、フェイスリフトと呼ばれる治療法で、これは切開する、切開しない、どちらかを選んで治療をすることになります。イメージ的には、皮膚を上に引き上げたるみを解消するという治療法です。ほかには、レーザー治療と注射治療という方法があります。レーザーは、フォトフェイシャルやサーマクールなどが有名です。肌に特殊な光や高周波をあてて、肌細胞や肌の内側にアプローチする方法です。注射治療は、プラセンタエキスやヒアルロン酸を注入し、肌の内側からハリをよみがえらせ、たるみを解消する治療法です。このように様々なたるみ治療法がありますので、医師とよく相談の上自分に最適なたるみ治療法を選びましょう。クリニックを選ぶときは、きちんとカウンセリングで疑問を解消してくれるか、治療後のアフターサポート体制はしっかりしているかなどをチェックし、信用できるところを選びましょう。