たるみ治療の方法を伝授|スッキリ小顔に変身

ナース

年齢とともに目立つたるみ

鏡を見る女性

年齢とともに増える肌の悩みの中でも、たるみは大きな悩みの種です。たるみがあると老けて見えてしまうので、マッサージ等で予防することが大切です。できてしまったたるみは、クリニックなどでたるみ治療を行い解消することが可能です。カウンセリングやアフターケアがしっかりした信頼できるクリニックを見つけましょう。

レーザーや注射で若返り

美容整形

普段の生活に影響が出ない

年齢が進みますと、皮膚の弾力や表情筋が衰えることで顔にたるみが生じます。ですが、美容外科ではたるみ治療が多彩に提供されていますので、希望に応じた治療方法が選べます。美容外科ではメスを使ったフェイスリフトもありますが、今ではメスを使わないたるみ治療も充実しているため、気軽に受けられることが特徴です。例えば切らないたるみ治療では、レーザーなどによる治療もあります。超音波治療なら施術後にメイクも直ぐできるなど、普段の生活に殆ど支障を出さず、周りにも知られずに若返りを目指せることが特徴です。また、たるみが生じる前に治療を受けることも効果的となっており、そのことでたるみの予防に取り組めます。また、ボトックス注射という方法もあり、これは特別に抽出したタンパク質を注入する治療です。このタンパク質は筋肉の動きを鈍らせる働きがあるため、たるみが気になる所へ注射しますと表情筋の伸縮が抑えられ、たるみやしわができ難くなります。さらにハリも回復して、たるみが伸びるといった効果も期待できるたるみ治療です。軽度のたるみならこの治療だけで改善できるなど、メスを使わなくても良い所が大きな魅力になっています。しかしながら、半年もすれば大抵皮膚内で分解されますので、継続的に効果を望む場合は、一定間隔ごとに注射を受ける必要があります。このほかにも切らないたるみ治療はまだまだありますから、たるみを改善したい時は、美容外科でカウンセリングを受けてみましょう。

美容医療で改善

美容整形

肌のたるみケアも初期のうちは自己流のケアでも良い改善が得られることもありますが、進行してくるとそれだけで維持するのは難しくなってしまいます。かなりたるみが目立ってきた場合は医療機関のたるみ治療での改善も考えてみてはいかがでしょうか。

切らずにリフトアップ

頬を触る婦人

ウルセラは超音波を用いた新しいたるみ治療ですが、皮膚の奥にある表在性筋膜まで作用して、皮膚の内部からリフトアップを目指せることが特徴です。そして、皮膚を引き締めてたるみを解消させるサーマクールと組み合わせますと、2つの異なるアプローチでたるみ治療ができるため、より優れた改善効果を期待できます。